たばこマナーガイド TOP

たばこのマナーについて

たばこのマナーについてでは、たばこを吸う上での様々なマナーを紹介しています。

たばこを吸う時は、マナーを守って吸うようにしましょう。歩きたばこやポイ捨てなどをしないという通常時のマナーは当たり前のことですが、たばこのマナーというのはそれだけではありません。食事中、仕事中など、普段の生活の様々な場面できちんと守らなければならないマナーがたくさんあります。

例えば仕事中のたばこマナーですが、仕事を始めてすぐの頃というのは、たばこに関するマナーをわからない人は多いと思います。訪問先、来客が来た場合などに喫煙する時はどのように対応すればいいのかなど、それぞれの場面でのたばこマナーも紹介しています。

基本的に、喫煙出来ない場所でたばこを吸わないということだけがマナーではありません。喫煙が可能な場所であっても、小さい子供や妊婦の方が近くにいる場合は、たばこを吸わないという考慮も必要になります。これも一つのたばこのマナーと言えるでしょう。

他には妊娠中など、女性が喫煙することで影響することについても紹介しています。不妊や美容など喫煙は様々なことに影響を与えますので、きちんと知った上で判断するようにしてもらえればと思います。路上たばこなどのマナーの悪い喫煙があることから、最近は喫煙出来る場所がどんどんなくなり、喫煙出来る場所というのは限られてきています。駅なども、ほとんどが禁煙になっています。

残念なことに、ポイ捨てや歩きたばこというのは後を絶ちません。そのような理由から、最近は喫煙を禁止している地区というのも多くあります。守らなければ厳重に注意され、罰則を取られてしまう可能性もあります。当サイトでは、関東の主な禁煙条例地域や罰則なども詳しく紹介しています。

たばこを吸うという行為は20歳を越えていれば自由です。しかし、きちんとマナーを守って喫煙するようにしましょう。また、禁煙したいという方のための禁煙グッズなども紹介しています。禁煙が中々できない方は二コレットや禁煙パイポなどを利用し、是非禁煙を目指していただければと思います。

当サイトが禁煙を目指す方や、たばこに関するマナーを理解しようとする方のお役に立ち、世の中のたばこに関する問題がより解決することを心から願っております。


まず最初にタバコの持つ3つの有害成分について少し勉強しておきましょう。

ニコチン

タバコの主成分の一つ。アルカロイドの一種であり、毒物および劇物取締法に毒物としても指定された物質になります。一般的に依存度が高いと言われており、中毒性を持っています。また、発がん性を持っている物質にもなります。「ニコチン」の名前の由来は、タバコ種をパリに持ち帰ったフランスの駐ポルトガル大使ジャン・ニコによるものになります。ニコチン中毒での致死量に関しては、乳幼児で0.5本から1本となり、水に溶けているニコチンを誤飲した場合には直ぐに病院で見てもらう必要があります。大人の場合には、2本から3本分のニコチンを誤飲してしまうと致死量に達してしまいます。

タール

ニコチン以外のもので、いろいろなものが混ざりあっているもので、部屋の汚れであったり、歯や肺に付着して色を変えてしまう、いわゆる「ヤニ」の原因はタールである場合がほとんどになります。また、発がん性の物質を含まれていると言われています。最近では、タール1mgのタバコも増えてきていて、中毒性や他のタバコと比較して安全な気が致しますが、タバコからタールの摂取量に関しては吸い方によって変化する為、一概にタール1mgがそれ以上含まれているタバコよりも安全性が高いとは言えません。

一酸化炭素

一酸化炭素は赤血球中のヘモグロビンと結合し、一酸化炭素ヘモグロビンとして血中に存在し、全身に運ばれるか、または肺から排出されます。一酸化炭素により、一種の酸欠状態を生じさせる事があります。また一酸化酸素中毒を引き起こす可能性もありますが、特徴として自覚症状として認識しにくい点が上げられます。その為、気が付いた時には急速に昏睡状態になってしまったという事もあります。部屋の喚起をマメに行う等を行い、一酸化炭素中毒には気を払いましょう。


ヨークシャーテリア

http://softwater-web.com/軟水 器

軟水器ではこちらがおすすめです。藤沢の不用品回収と相模原がおすすめ。

richdad poordadがおすすめ。

おすすめの鳩の対策がおすすめ。

ティアモ
ティアモを購入するなら当サイトで!

タイヤとホイールのセット